ピラニアに食べられた飼育員!?ユーモアたっぷりの水族館が話題に 青森〜浅虫水族館〜

10万〜13万いいね

浅虫水族館のハロウィンユーモアがセンスの塊

 

 

めぐみ
めぐみ

今日は6.1万RT, 12.9万いいねを超えたこのスポットを紹介するよ

どんな水族館なの・・・?

地元の人々に愛される水族館

Twitterで6.5万いいね。

今Twitterで話題になっているこの水族館は、青森県青森市浅虫にある浅虫水族館で、
本州最北端に位置する水族館としても有名な場所です。

 

浅虫水族館では、加茂水族館のような世界中のクラゲが見れるわけでも、
美ら海水族館のように巨大なジンベエザメがいるわけでも、
超巨大な水槽があるわけでもない一言でいえば普通の、地元の人に35年にも渡り愛され続けている水族館です。

 

そんな浅虫水族館ですが、今回TwitterなどのSNSを通じて驚くべき理由で一躍有名になりました。

浅虫水族館のハロウィン水槽

そのきっかけとなったのがピラニアの鱗(@rainy_bluemoon)さんのこちらの1つのツイートでした。

現在ピラニアの餌やりに行ったきり、帰ってこない飼育員さんを探しています!彼は最近恋人ができたと言っていたのに・・・」

という綺麗なまでの死亡フラグを立てた後のピラニア水槽内に佇む人の骸骨・・・

 

実はこれは10/5〜10/31にかけて浅虫水族館で行われているハロウィン水槽というイベント展示のうちの1つで、

ハロウィンにかけたブラックジョーク、ユーモア展示となっています。

 

ピラニアは肉食の凶暴な魚で、人に危害を加えることもある というピラニアの説明をユーモア溢れる展示で表現しているのも素敵ですね。

期間限定ハロウィンナイトも

浅虫水族館でこの期間に行なっているイベントはハロウィン水槽だけではありません。

実は同じく10月の毎週土曜日には夜の水族館という、普段は入ることのできない夜の時間帯(17:00〜19:00)に水族館に入って魚たちを見ることができるイベントも行なっているそうです。

 

10月のテーマは「ハロウィンナイト」

照明を暗くした水族館内で夜の生き物たちの様子を見学できるこのイベントでは、仮装しての来館もOK。

また、ゆらゆら可愛い「おばけクラゲ」を作ろうというイベントや、ハロウィンナイト限定の「ピラニアプリン」といった限定フードもあるそうです

 

詳しくはこちらからご覧ください

ユーモア溢れる浅虫水族館ブログ

そんなユーモア溢れるおもしろ展示を行なっている浅虫水族館ですが、浅虫水族館公式ブログでもそのユーモアセンスは炸裂していて、

 

画像引用:浅虫水族館スタッフブログ

 

「ダイエットがんばる」が彼女の最後の言葉でした・・・

 

画像引用:浅虫水族館スタッフブログ

このようなガイコツネタをいくつも披露してとても面白いブログとなっていました。

 

このようなユーモアネタの他にも、魚たちの産卵シーンやイルカスタッフの仕事内容、水族館イベントの紹介など読んでいて面白い内容でした

 

そんな浅虫水族館のスタッフブログはこちらから見ることができます

 

年中楽しめる浅虫水族館

今回、ユーモア溢れるハロウィン水槽がきっかけで話題になった浅虫水族館ですが、
実はハロウィン水槽の他にも12月にはクリスマス水槽、1月には正月水槽、2〜3月にはバレンタイン&ホワイトデー水槽など1年を通じて、
季節に応じたイベントや展示を行なっていて、一年中楽しむことができる水族館となっています。

 

こちらの浅虫水族館の年間イベントを参考に、是非、近くに寄る機会があったら遊びに行ってみてはいかがでしょうか

アクセスは?

住所:

電話番号:017-752-3377

営業時間9:00~17:00(入館は16:30まで)※ゴールデンウィーク、お盆の期間は延長の場合があります。
休館日年中無休(年末、年始も休まず営業!)

 

簡潔なまとめ!

  1. 青森県浅虫水族館ではユーモアたっぷりのハロウィン展示がみられるよ
  2. 浅虫水族館では一年を通して様々なイベントをやってるよ!
  3. 10月の土曜日には夜の水族館に入れるイベントもあるよ!
  4. 浅虫水族館のスタッフブログも面白いよ!

 

以上。簡単にですが、今話題の水族館について調べてみました!

コメント