まるで千と千尋の神隠しの舞台のよう。東北の温泉街が美しい 山形〜銀山温泉〜

13万いいね〜

時間が止まっているかのような古き良き日本の温泉街

 

 

めぐみ
めぐみ

今日は6.1万RT, 15.5万いいねを超えたこのスポットを紹介するよ

どんな温泉なの・・・?

Twitterで毎年話題に上がる温泉街

2017年にはTwitterで10.5万いいね、2018年には4.9万いいねと毎年必ずと言っていいほどTwitterで話題に上がる、あまりにもフォトジェニックな温泉街があります。

 

それが東北地方、山形県尾花沢市にある”銀山温泉”です。

 

巷ではあの有名なジブリ映画”千と千尋の神隠しの舞台”となった温泉街の一つとも噂されており、
大正時代から用いられている建物の風格は格別。大正ロマンの風情溢れる温泉街は毎年、多くの人々を魅了し続けています。

 

今日はそんな銀山温泉について紹介しようと思います。

銀山温泉はどこにあるの?

銀山温泉は山形県の尾花沢市という場所にある温泉です。

とはいっても、場所のイメージがなかなか湧かない人も多いと思うので地図を貼り付けておきます

この通り、東北で一番栄えている「仙台」からは車で約2時間。山形市からも1時間強かかる場所にあり、アクセスは良いとは言えません

 

 

ですが、「銀山」という名前の通り、銀山温泉は宮城県と山形県の県境である「奥羽山脈」の麓にあり、
秋は紅葉、冬はしんしんと降り注ぐ雪景色と静寂な温泉街を楽しむことができる温泉地となっています。

 

オススメの時期は?

銀山温泉のオススメの時期はやはり、何と言っても雪が降り積もる冬でしょう。

東北の冬は奥羽山脈を隔てて日本海側と太平洋側では天と地の差があり、日本海側は太平洋側と比べて10倍以上もの降雪量を誇ります。

 

銀山温泉も日本海側である山形県に位置しているので、1月上旬にもなると毎年雪が降り積もり、Twitterで話題になるような美しい景色を見ることができます

 

 

View this post on Instagram

 

linegoldさん(@tanaka.yutaka)がシェアした投稿

そして意外に知られていないのですが、銀山温泉のもう一つのオススメシーズンは”秋”なんです。

上述した通り、銀山温泉は奥羽山脈の麓の山奥にある温泉街であり、紅葉シーズンである秋には山の木々が綺麗な黄色や赤色に色づき、小さな銀山の温泉街一帯が紅葉に覆われます

 

これは昨年の10月中旬、紅葉シーズンの見頃より少し早く銀山温泉に訪れた時の写真ですが、少しずつ木々が色づき初めていて、とても綺麗だったのを覚えています。

 

 

その時に撮影した、銀山温泉の写真はこちら。

よくある「雪がしんしんと降り注ぐ」銀山温泉の写真ではありませんが、昔ながらの暖かいガス灯と銀山温泉はとっても風情があり、写真を撮る手が止まりませんでした。

 

銀山温泉のここに注意

銀山温泉はよくある他の温泉街と比べるととても小さな温泉街であり、旅館の前までは車で行くことができません

 

 

そのため、旅館宿泊者でも共同駐車場に車を置いて旅館まで歩いて行く必要があるのですが、
意外にもこの駐車場から旅館までの距離が遠く、さらに100m近くの高低差もあるので、足腰の弱い方や持病をお持ちの方には結構な負担になるかもしれません。

 

もし、宿泊を検討している場合は事前に宿泊予定の旅館に問い合わせてみることをオススメします。

銀山温泉へ寄るなら「千本だんご」も食べていこう!

 

そんな訪れる人に素敵な時間と空間を提供する銀山温泉ですが、
実は、銀山温泉の近くにはもう一箇所、知る人ぞ知る絶品グルメを食べられる場所があるということをご存知ですか?

地元の人に愛され続けている隠れた、名店。それがこちらの「千本だんご」です。

 

この「千本だんご」は銀山温泉からの最寄駅である「大石田駅」から徒歩15分程度の距離にある「お団子屋」で、「1日千本完売する」だんごということでも有名なお店です。

 

 

その人気っぷりは「県内外から、このだんごを食べるために観光バスがこの地を訪れる」ということからも分かります。

 

 

早速お店へ向かって見ると、なんと店の外まで行列が・・・!

正直、大石田駅の周辺や街中には全くと言って良いほど人影がなかったので、1日1000本売れたのは昔のことなのかな・・・と思っていたら出鼻をくじかれました。

 

 

待ち時間を聞いてみると、訪れた時間が昼過ぎということもあってか40分ほど、とのこと。

せっかく宮城から訪れたので何も食べずに帰るのは勿体無いと思い、40分待ってみることにしました。

 

ようやくの思いで店内に入ってみると、壁にはたくさんのメニューが貼ってありました。

 

どうやら、このお店の一番人気は「ずんだんだんご」だとのこと。

ちなみに「ずんだ」は枝豆をすりつぶしてペースト状にして、砂糖などで味付けをした宮城県、山形県、福島県などの郷土料理の一つで東北地方では広く愛され、親しまれている味の一つです。

仙台の「ずんだもち」などが有名ですね。

 

 

今回はとても迷ったのですが、「ずんだんだんご」と「くるみだんご」を注文してみました。

 

そして出てきたのはこちら。だんごいっぱいにずんだとくるみの餡がかかっており、とても美味しそう!

 

 

早速一口食べてみると、だんごの柔らかさ、もちもち感に驚かされます。

そして、たっぷりかかった餡は甘さ控えめで以外にあっさり。暖かい緑茶ととても合うんです。

 

間違いなくこれまで食べただんごの中で一番美味しいだんごでした

簡潔なまとめ!

  1. 銀山温泉は山形県にある大正ロマンの風情溢れる温泉郷だよ
  2. 冬だけじゃなく、秋の紅葉シーズンもオススメだよ!
  3. 銀山温泉を訪れたら、「千本だんご」も食べていこう!

 

以上。簡単にですが、今話題のスポットについて調べてみました!

コメント