スマホチェキから時代はここまで進化していた!?最先端のスマホ専用プリンター 〜iNSPiC〜

7万〜10万いいね

カメラロールのお気に入りの一枚を手軽にプリントできる便利アイテム

 

 

めぐみ
めぐみ

今日は4万RT, 9.4万いいねを超えたこのプリンターを紹介するよ

どんなプリンターなの・・・?

スマホの写真を手軽に印刷できるプリンター

Twitterで1.3万いいねという注目度。

 

2000年代に入って、スマホやタブレットが一気に普及してからというもの、多くの人がスマホを持ち歩くようになりました。

 

また、年々スマホの機能も目覚ましく発展してきており、近年発表されたスマホで撮る写真の画像、画質の良さは下手したら数年前のデジカメよりも良いくらいです。

近年では10年前には考えられないような大容量、かつ高性能のスマホが登場しつつあります。

 

そんな”スマホ全盛期”である現代のニーズに答える新商品”スマホの写真を手軽に印刷できるプリンター”がこの度Canonから発表され、今Twitterを中心として話題となっています。

iNSPiC

これまで、スマホの写真は撮ったらLINEのアルバムに保存したり、パソコンにバックアップを取ったりして保存し、プリントしたい時にはパソコン経由でプリントアウトするというのが主流でした。

近年、それに取って代わる手段として、「スマホ de チェキ」などのスマホの写真をチェキですぐに現像できる、シェアできる商品などが発売されてきましたが、

 

  • プリンターが大きくて、スマホと一緒に持ち運ぶのが大変
  • 画像、画質がスマホの元写真と比べて劣ってしまう
  • 色合いが微妙・・・

 

といった、プリンターでの印刷と比べた時の画質の悪さや手軽さではまだまだ改善点が残っていました。

 

そんな中、先日一眼レフカメラなどで有名なCanonから、スマホ専用の最先端プリンターである”iNSPiC”が発売されました。

 

今日はこの新発売のプリンター”iNSPiC”について調べてみたいと思います。

iNSPiCのここがすごい

操作が簡単

画像引用:canon:iNSPiC

使い方はとっても簡単。iNSPiC専用アプリで印刷したい写真を選択するだけ

Bluetoothでプリンターとスマホを接続するため、コードなどは一切不要。ワンタッチで好きなスマホ内の写真を印刷することができます。

小さくて軽いから持ち運びしやすい

今までのプリンターの欠点である、大きさ、軽さに関してもiNSPiCはしっかりと考慮された設計となっています。

SONYの主力スマホであるXperiaと比べてもiNSPiCは小さく、ポケットにも入るようなサイズとなっており、気になる重さも、なんとたったの160g

160gと聞いてもピンとこない人も多いと思うので、同じ重さの商品を挙げると、”プッチンプリン”と同じ重さなんです。

 

これならカバンやポケットなどに入れて持ち運ぶ時にも邪魔にならなさそうですね。

また、色もピンク、ブルー、ゴールドから好みに合わせて選ぶことができます

画像引用:canon:iNSPiC

プリントした写真は貼ることができる

iNSPiCのこれまでのプリンターと大きく異なる点の一つとして”シール台紙”に印刷するというものがあります。

iNSPiCではスマホの写真を直接シール台紙に印刷するため、プリントされた写真は手帳などにすぐに貼り付けることが可能となっています。

おしゃれなカフェで食べた可愛いスイーツ、ぶらりと立ち寄った路地の光景、何気ない思い出などを取り入れた日記、手帳はより自分らしく、後から見返してもいい思い出になること間違いなしですね

画質が綺麗で編集も可能

そんな手軽で持ち運びも便利なスマホ用プリンターでも綺麗な写真をプリントすることができなければ意味がありません。

ですが、そこはさすがはカメラのCanon。iNSPiCはしっかりと、高画質の写真をプリントできるような工夫がされています。

 

多くの家庭用プリンタは様々なカラーのインクカートリッジを取り付け、インクによって用紙に画像を印刷する方式となっていますが、
このiNSPiCでは、あらかじめプリントに必要な色が用紙に埋め込まれているため、インクカートリッジなしでフルカラーのプリントができるようになっています。

 

また、iNSPiCの専用アプリでは簡単な画像の加工や、フレーム、スタンプ、テキストの追加ができるだけでなく
Instagramなどの写真アプリ、SNSなどとも連携することができるなどユーザーにとって欲しい機能が多く詰まっているのも魅力の一つです。

気になる値段は?

そうは言っても、お高いんでしょう・・・?

そんな今話題のiNSPiCですが、気になる値段はいくらくらいなのでしょうか?

キャノン公式サイトでは単品が17150円〜購入することができるようになっていましたが様々なサイトで調べてみたところ、

ネットで購入することができるサイトの最安値はAmazonの14790円(2018/10/14現在)となっていました。

ちなみに、iNSPiCは上述した通り、プリントに必要な色が埋め込まれた特殊な用紙を使わなければいけないため、普通の用紙では印刷することができません

消耗品である、この印刷用紙に関しては20枚入りで883円。50枚入りで2104円(2018/10/14現在)となっていました。


Canon スマホプリンター用 ZINKフォトペーパー 20枚入り

簡潔なまとめ!

  1. iNSPiCはCanonが販売しているスマホ専用プリンターだよ!
  2. スマホと同じ大きさでとても軽いから持ち運びしやすいよ!
  3. 画質も綺麗で台紙はシールになっているよ!
  4. 値段は1万5千円弱だよ!

 

以上。簡単にですが、今話題のiNSPiCについて調べてみました!

 

この記事のアイキャッチ画像はCanon:iNSPiCより引用しています

コメント