【受験勉強・資格勉強】効率の良い勉強方法とは!?「参考書と過去問演習」じゃこれからの時代で太刀打ちできない3つの理由

その他

もっとも効率の良い受験勉強・資格勉強はどういうものか

 

めぐみ
めぐみ

今日はいかに快適に、勉強できるかについて考えてみたよ

どんな勉強方法なの・・・?

未だ日本では根強い「学歴社会」

早い人では幼稚園や小学校から、遅い人でも中学生や高校生になると避けては通れないイベントの一つに「勉強」があります。

 

古くから日本では「いい大学を卒業した人材は優秀な人材である」といういわゆる「学歴」を第一に尊重する考え方が蔓延しており、

日本を代表する大企業へ就職するためには、いわゆる東大や京大を始めとした「旧帝国大学」クラスの大学を出ていないと書類選考すら通らないことも多いのが現実です。

反対に、日本では優秀な大学を卒業していれば、様々な企業への就職を選ぶことができ、将来の選択肢の幅も広がるので

中学、高校時代には親にひたすら勉強させられたという家庭も多いのではないでしょうか?

 

資格を取るためにも「勉強」が必要

何も勉強というのは受験勉強だけではありません。

多くの人が18歳になると所得する「運転免許」にも学科試験が存在し、試験に受からないと車を運転することができないため、多少なりとも勉強する必要がありますし

 

医師や薬剤師、看護師など医療職を始めとして、弁護士や税理士など、資格を所得することがそのまま将来の仕事に直結することも多々あります。

数ある資格の中でも最難関であると言われている「公認会計士」の資格を取るためには最低でも3000時間の勉強が必要と言われており、1日10時間勉強したとしても合格までに約1年かかる計算です。

多様化しつつある勉強スタイル〜映像講義の台頭〜

そんな我々日本人にとって身近な存在である勉強ですが、平成の時代に入り、様々なテクノロジーが発展していく中で、勉強のスタイルや効率というのが変化しつつあるということをご存知でしょうか?

 

一昔前は、受験勉強や資格勉強というのは、目標とする大学や資格に関する参考書や過去問集などを購入し、ただひたすらに机に向かうというのが一般的でしたが、

もはや、今の時代このような勉強スタイルをしていては正直言って効率が悪すぎる。他の受験生に太刀打ちができなくなってきているというのが現状です。

 

めぐみ
めぐみ

え・・・? 一体どういうこと・・・!?

受験勉強に関するパラダイムシフトをもたらした原因の一つに「映像講義の台頭」が挙げられます。

一昔前までは優秀な先生がいる学校や塾などへ行き、優秀な先生の講義を聞くことがもっとも効率の良い勉強方法であったため、

有名大学へ入るためには有名な塾へ通うという考え方が一般的でした。(もちろん、周囲に同じように勉強している人がいるという環境因子も重要ですが)

 

それが2000年代に入ってから、「いつやるの?今でしょ?」で有名となった某予備校が本格的に、全国どこででも、超一流の大学入試に特化した教師の授業を受けれる映像講義を展開したことをきっかけにして

Youtubeなどの数多くの動画サイトなどを通じて、誰でも手軽に超一流の講義に触れることができるようになりました。

【世界史】 先史時代2 化石人類の登場 (11分)

従来の教科書ベースの学習では文字が多く長時間の集中が続かないという人でも、このような映像講義だと、長時間に渡って集中することができるのも魅力の一つです。

 

めぐみ
めぐみ

とっても便利な時代になったわね!

また、勉強効率に関しても、参考書や問題集のみの勉強よりも映像講義の方が記憶が定着しやすいため、数倍、数十倍も効率が良いと考えられています。

あらゆる資格の難易度が年々上昇中!?

反対にこのような分かりやすい映像講義が一般化してきたことによって、あらゆる試験において受験生のレベルが上がってきているのもまた事実です。

 

人体に関する専門家「医師」になるために通らなければいけない試験の一つに医師国家試験があるということは有名ですが、

今の時代、全国の医学生のなんと9割がMECやTECOM,Medu4といった医師国家試験に特化した予備校の講義を受けているということを知っていますか?

 

私もこれらの動画講義を利用して日々勉強しているのですが、やはり、大学の講義と比べてはるかに理解しやすいのが特徴の一つで、

同じ時間をかけたとしても、教科書ベースの勉強よりも数十倍も効率が良いということを実感しています。

 

そして、全国の医学生の9割がこれらの分かりやすい講義を受講するようになったことによって、年々医学生の知識レベル、水準は上昇しつつあり

医師国家試験の難易度のインフレ化はここ十数年で急激に進み、最近では10年前では考えられないような深い考察を必要とする問題が出題されるようになってきています。

これに関しては、もちろん、受験する身としては大変かもしれませんが、日本の医学レベルが向上するとも考えられるので個人的には嬉しい流れだなと感じています。

 

反対に、このような効率の良い映像講義を受講していない人達にとっては、近年の医師国家試験は太刀打ちできないほど難しく

医師国家試験の合格率が9割と考えると、もはやこれらの講義を受けていない人が落ちると言っても過言ではないかもしれません

 

へえ〜!医学部生も映像講義で勉強しているんだ!

参考書よりも映像講義&問題集

もちろん、大学受験や資格試験の直前には過去問集などを利用した問題演習を積むことが必要不可欠です。

ですが、過去問に取り組む前の知識を習得する段階においては、これからの時代、参考書を買う必要はなく、映像講義を受講した方がはるかに効率が良いのではないかなと僕は感じています。

 

昨今、映像講義に対応したオンライン資格講座は数多くありますが、

こちらの「スタディング」では司法試験や司法書記などの法律系資格を始めとして、難易度の高い税理士や簿記などの会計系資格、中小企業診断士やFPなどのビジネス・実務系資格や不動産向け資格など数多くの資格を網羅した映像講義を受講することができます。

 

また、もう一つのオススメポイントの一つとして、 インプットをメインとした映像講義を受講した直後に、選りすぐりの問題集を通じて理解を深めることができるということも理由に挙げられます。

スタディングでは、映像講義で学んだ範囲内で実際の資格試験で出題のあった問題を解くことができるので学んだ内容をすぐさま実践に活かすことができ、もっとも効率の良い勉強をすることができるように考えられているんです。

 

めぐみ
めぐみ

実際に問題を解くのもとっても大切だよね

また、スマホやタブレットと連動しているというのも素晴らしいポイントの一つで、Apple Pencil&iPadを組み合わせればどこでも好きなところで自分のペースに合わせた勉強をすることができます。

私もこの勉強方法で勉強しているのですが、スキマ時間を利用してちょこちょことアウトプットをすることができるので本当にオススメな勉強方法の一つで、また次回ゆっくりと紹介したいと思います。

 

ぜひ、効率の良い勉強方法、資格勉強について探している人は参考にしてみてください。

 

 

簡潔なまとめ!

  1. 日本は「学歴社会」が根強く残っているのが現状だよ!
  2. ここ10年で効率の良い勉強方法が大幅に変わってきているよ!
  3. 時代に取り残されない新しい勉強法をした人が勝つ世界だよ!

 

以上。簡単にですが、今話題の映像講義について調べてみました!

コメント