【Twitter飯?】柿ピーボール と タネザック(TANEZACK) を早速食べ比べてみた 

Twitter飯

俺たちのハンチョウ飯がついに市販化!?

 

 

めぐみ
めぐみ

今日は8000RT, 1.2万いいねを超えたこの食べ物を紹介するよ

どんな料理なの・・・?

そもそもハンチョウって何・・・?

正式名称を「1日外出録ハンチョウ」と言い、ひょんなことから背負ってしまった多額の借金を闇のギャンブルゲームで返済する「カイジシリーズ」のスピンオフ作品なんです。

 

カイジシリーズは「カイジ 人生逆転ゲーム」「カイジ 人生奪回ゲーム」と2度も映画化(あの藤原竜也」が主演を演じた濃い映画です。)

しているほどは子供から大人まで大人気の漫画で、そんなカイジが収容される地下労働施設の主要キャラクターの一人「ハンチョウ・大槻」が主人公となり、「

高額な1日外出権」を使って束の間の日常を満喫する といった漫画となっています。

 

メインのカイジシリーズのような手に汗を握るような展開や、高度な心理戦などはなく、どちらかというと日常のほのぼの系、ギャグ系といった雰囲気ですが

こちらもとても面白い漫画ですので興味を持った方は是非読んでみてください。


1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)

柿ピーボール VS タネザック(TANEZACK)

Twitterで1.2万いいねを超える注目度。

これまで、このサイトでは様々なTwitterで話題を読んでいるご飯、いわゆるTwitter飯を紹介してきました。

Twitter飯の中にはえええ!こんな食べ方があるの!?というような驚きのものから

そんな組み合わせがあったなんて!もっと早く知りたかった!」というものまで様々あり、最近では色々なTwitter飯を作り、レビューを書くのが一つの楽しみになってきています。

そんな中、今日はTLでこんなツイートが回ってきました。

これは盲点だった・・・!何もTwitter飯とはTwitterで10万RTとかの人気のあるメニューだけじゃないはずだ。

我らがハンチョウのこのKPB(柿ピーボール)だってTwitterでバズっているっきとしたTwitter飯のはずだ!試すしかない!

なんなら、あの秋ピーで有名な亀田製菓の新商品、TANEZACKだって食べてみたい

そう思い、今回はなんと、柿ピーボール(KPB)を実際に作ってみて、レビューをし、さらにはTANEZACKとの食べ比べもしていきたいと思います。

早速、柿ピーボール(KPB)を作ってみた

今回柿ピーボールを作るにあたって必要なのは、

  • 柿の種

のみ。いやーシンプル。実にシンプル。今まであらゆるTwitter飯を作ってきましたが、さすがにこのシンプルさを超えるものは過去にもこれからもないでしょう。

(そしてもちろん、比較用に今回亀田製菓から発売された新商品TANEZACK「タネザック」も用意してあります)

 

今回は6袋入っている柿の種のうち1袋のみを使って作っていきます。

まずは、柿ピーの袋からピーナツだけを取り分けて別なお皿に移しておきます。そして、柿ピーの袋に残った柿の種を手でぐしゃぐしゃっと潰していきます。

この時、柿の種を細かく潰せば潰すほどボールは作りやすくなりますがその反面、柿ピー特有のザクザク感は薄れていきます

私は柿ピーのザクザクした食感も残したい!と思ったので今回は写真のような大きさまで潰してみました。

道具などは一切使う必要はなく手でモミモミするだけで十分潰れます。

むしろ、個人的には手で潰した方が、柿の種の大きさにムラができ、柿の種の大きさのムラがザクザクした食感に繋がるのでオススメです。

十分な大きさまで細かく潰したら、この柿の種をラップの上に移します。

そして空になった柿ピーの袋に先ほど別皿に移しておいたピーナッツを移し、柿の種同様に細かく潰します。ピーナッツは手だと潰しにくいのでスプーンや包丁の柄などを使うといいでしょう。

さて、次にラップの上の柿の種に霧吹きで水をかけてラップを丸めていきます。こねこね・・・

そしてラップを広げてみると・・・!

・・・

・・・・・・・

全然丸まってねぇ・・・!

どうやら、霧吹きでかけた水の量が少なすぎたみたい。意外にもがっつり水をかけないとボール状にはならないので、なかなか丸まらないなぁと思ったら追加でもう少しだけ霧吹きで水を追加してみてください。

さて、もう一度霧吹きで水をかけてラップでこねこねしてみると・・・!

バーーーン!

できたー!そしてこいつに先ほど砕いたピーナッツをまぶしてみると

すごい。とても柿ピーから作ったとは思えないほどオシャレなお菓子に・・・!

そして何よりびっくりなのはその大きさ。右に亀田製菓の新商品、タネザックを並べてみたのですが、10倍くらい体積はあるのではなかろうか・・・

柿ピーボール(KPB)とタネザック(TANEZACK) いざ食べ比べ

早速、ハンチョウ流、柿ピーボールと正規品柿ピーボールを食べ比べていきたいと思います。

まずはハンチョウ流柿ピーボールから、一体どんな味がするのでしょうか・・・?

うん・・・柿ピー笑

そりゃそうだよね。なんていったって原材料が柿ピー100%だもの

ただ、霧吹きで水を加えている&細かく砕いている分、柿ピーの食感がザクザクよりもサクサクに近かったかな?あとはしっとりしていたのでぬれ煎餅とかが好きな人はハマるかも

ただ、味は完全に柿ピーです笑

さて、次にこちらのTANEZACK(タネザック)を食べてみます。

開けてみると、ちっちゃい親指サイズの柿ピーボールがたくさん入っていて、見た目はまるで小さい柿ピーボール。柿ピーボールとの大きさの違いは先ほど紹介した写真を見れば一目瞭然。

気になる味は・・・

なんだこれは・・・!うまい!そして柿ピーボールを食べた後だから分かる。

柿ピーに似ているけれど柿ピーではない

ということ。確かに食べた時の風味や後味はまるで柿ピーだけれども、味は柿ピーと比べてやや甘め、ダシか調味料?の旨み、美味しさが柿ピーよりも強くなっている印象を受けました。

 

ちなみに、柿ピーボールとTANEZACK。どちらが美味しいかと聞かれたら迷わず私はTANEZACKを選びますかね・・・笑

タネザック(TANEZACK)はどこで売ってるの?

今回、柿ピーボールと比較したタネザックですが、全国のコンビニやスーパーで販売されているようです。

僕もいくつか回ってみたのですが、ツイッターの影響もあるせいか残念ながらどこも売り切れ・・・仕方がないのでいつもお世話になっているamazonさん⬇️から購入しました。


亀田製菓 亀田の柿の種 タネザック 56g×10カップ

こちらの亀田製菓商品一覧でも売ってるみたいですね

柿ピーボール の評価は?(タネザックじゃないよ!)

それでは今回紹介したTwitter飯「柿ピーボール」の評価ですが、包み隠さず、本音の評価をしていきます。(この評価はあくまで私「めぐみ」の個人的な意見となりますのでご了承ください)

手軽さ:5点/5点

コンビニでもスーパーでもどこでも売っている柿ピー単体で作れるという点で手軽さは文句なし。ラップがなくても手だけで作れそう。

美味しさ:1.5点/5点 

うーん、美味しいっちゃ美味しい。けど柿ピー自体がもうすでに完成されたお菓子であり、柿ピーボールにすることでその美味しさを減らしている。柿ピーのまま食べた方が美味しいと思った

オススメ度:2.5点/10点

話のネタにはなるかな笑 タネザックとの比較も面白かったし、興味のある方は参考にしてみては・・・?

簡潔なまとめ!

  1. 柿ピーボールは柿ピーと水さえあれば作れるよ!
  2. 柿ピーボールVSタネザックは タネザックの勝ち!
  3. 柿ピーボールは柿ピーをぬれ煎餅にした感じ!
  4. オススメ度は2.5点/10点!

 

以上。簡単にですが、今話題のTwitter飯についてレビューしてみました!

コメント